検索
  • Yuichi Nishikita

会社員✖️〇〇と聞いてイメージするのはスキル?



 こんばんは。CHAILABLOGを運営しているYuichiです。日本語教師をしたり、京都でOUCHI de International という国際交流のイベントをしております。さて少し前にTwitter で日本語教師✖️〇〇というキーワードがよくタイムラインに流れていたので、そちらについて考えをまとめました。

◆Simple is the best

 日本語教師✖️〇〇と聞いた時に、ここを何か特別なスキルで埋めないといけないと脊髄反射してしまいそうなりました。例えば日本語教師✖️ブロガー、日本語教師✖️マルチリンガル、日本語教師✖️動画編集、日本語教師✖️YouTuberなどです。たしかに僕は誰にも当てはまっていますが、本当にそれでいいのか、少し疑問です。



 それは、どの組み合わせでも、他の誰かと置き換えができるからです。もちろんそれぞれのレベルをプロと呼べるレベルまで高めておく必要はありますが、そのベースのもとに話を進めると、結局、どこでご飯を食べても美味しいのと同じように、誰と仕事してもほとんどその価値は変わらないのです。

 だから、誰と一緒にするか、誰のサービスを利用するかが一番重要だと思います。つまり、その「誰か」になるということです。

◆共感力

 日本語教師✖︎私になれば、もう怖いもの無しです。それでこのTweetを見たときに、改めて、自分の人間としての深みを出していく必要性を感じました。うまい授業をするだけ、動画を編集するだけ、いろんな言語を話すだけなら他にもたくさんいます。じゃ、自分たらしめるものは何か。

 私の場合、共感力があると感じています。ある日、遅刻で遅刻した学生さんに注意したことがありました。ただ、学校の方針というだけでそれに注意したところ、こんな指摘を受けました。

 「その注意している時間がもったいない」、「さっさと授業を始めてください」という指摘でした。自分のことを棚に上げて、何をいっているのか、はじめは理解できませんでしたが、

あとで冷静になって考えると、自分は遅刻してしまったんだけど、他の学生さんに迷惑をかけたくなかったのかもしれないと思いました。あと、いい大人に全体の前で注意するのは失礼だったと感じました。

 その一件からは、まずは相手の話を一旦受け入れて、なぜそれを言ったのか原因を考えるようになりました。突き詰めていくと、価値観の違いがあったり、根本の考え方が違っていたりしました。

 それを一つずつ理解していく、その差を埋める努力をする共感力が長けていると感じました。これくらいざっくりと構えていないと、この仕事はやっていけないなぁとつくづく感じています。

あなたにとって会社員✖︎〇〇にはどんな言葉が入りますか?

ぜひぜひご意見をください。

⭐️国際交流イベント詳細 今月の申し込みはこちら

2/25 20:00-21:30 https://fb.me/e/3PCwsTttR イベントの様子




10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

©2020 by CHAILABLOG Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now