検索
  • Yuichi Nishikita

国際交流イベントを始めたきっかけ(今の英語力は関係ない)


こんにちは!

CHAILABLOGを運営しているYuichiです。

日本人と外国人を繋げたい!

京都で国際交流イベントを主催しております。


この記事を読めば、

僕が国際交流イベントをきっかけと、英語が上手じゃなくてもいろんな国の方と繋がれることに気がつきます。

結論;

今の英語力は関係ない。英語を話す場へ行くかどうか。



◆逃げの選択からの始まり

 遡ること大学受験。理系科目が絶望的にできなかったので、自然と文系の学部で考えることに。法学部を受験できるほど優秀ではなかったので、外国語がすぐにイメージできました。

同時に、【語学を極めて何になるの?】という素朴な疑問が頭に浮かびました。

外国語を使って何かするのもかっこいいと思いましたが、その何かが思い浮かびませんでした。現役でその何かが見つけられず、浪人をしているときに、「日本語を日本語で教える」というフレーズを目の当たりにしました。

英語学科なら英語圏だけ。中国語学科なら中国語圏だけ。

一番いろいろな国の人と関われるのは、日本語教育なんじゃないかと思い、

日本語教育を専攻して、卒業後は気づいたらタイで就職していました。


初就職が海外、今までとは全く違う環境。国際交流イベント主催するためのベースとなる考えがこの時に形成されました。

タイ人のみなさんが優しく受け入れてくださり、接してくれた。

これを日本に持ち帰って今度は自分が恩返ししたい。



◆理想と現実のギャップ

 タイで3年働き、帰国した僕は、タイ人の皆様にいただいた恩を返そうと決めていました。でも、どうやって?そもそもタイ語話す人いないよ笑

まず、国際交流イベントに参加して、タイ人を探すところからの始まりでした。

そこからいろいろな国の方が日本に住んでいることに気がつき、直接恩を返すことはできないけど、恩を送ることはできると考えるようになりました。

 

 ただ、問題は私の英語力です。お世辞にも英語が話せるといえるほどのレベルではありませんでした。高校英語に毛が生えたレベル。帰国後新しい就職先を見つけるまでに、ネットで手あたり次第、英会話サークルやmeetupのイベントを探しては参加しました。

 

 はじめは英語力向上を主たる目的としていましたが、少しずつイベント運営に興味を持ち始めました。それは様々な主催者さんに出会い、イベントづくりの裏側を知ることができたからです。彼らの情熱に胸を打たれ、関西で国際交流のムーブメントをもっともっと盛り上げたいと思い現在に至ります。



◆できなくても大丈夫

 タイに住み始めた時、タイ語が話せませんでした。日本に帰国した時も、英語が話せませんでした。でも、今はどちらも話せるようになりました。どちらも語学学校で勉強していないので、正直まだまだでしょう。

英語や外国語ができない人の気持ち、よくわかりますよ。もどかしいですよね。でも、大丈夫です。きっとその気さえあれば、話せるようになるはず。そんなきっかけを提供できればと思っています。




今日は国際交流イベントを始めたきっかけと、

今の英語、外国語力は気にしなくてもいいということをお伝えしました。

・楽しみながら英語が上手になりたい

・海外の友達が欲しい

そんな皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 
  • YouTube
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

©2020 by CHAILABLOG Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now