検索
  • Yuichi Nishikita

授業準備を半分にできた方法

 

 こんにちは。CHAILABLOGを運営しているYuichiです。日本語教師をしたり、京都で


際交流のイベントを主催しております。2014年から日本語教師をデビューし、今年で6年


目となります。日本語教師と言えば、いろいろな国の学生と話して楽しいのですが、どうし


ても授業準備の時間がかかってしまいます。

例文はどうしよう?Power Pointの写真はこれでいいか?

応用練習はどうしよう?などなど学生に喜んでもらうために、あれやこれやと悩みますよ


ね。そうしているうちに知らずに時間が過ぎてしまいます。

その準備時間をいかに効率よくするかで、元気よく授業に臨めるかが決まってきます。 昔は夜遅くまで授業準備をして、寝不足で授業に臨んでいたこともあり、ずいぶん遠回りしていたなぁと感じます。最近日本語教師になった方やこれから日本語教師を目指す方に少しでも有益な情報となれば幸いです。

◆Power Pointと原稿を分ける 

 最近ですと、Power Pointで教材を作ることが多いかと思います。以前は準備の時に、


Power Pointを作りながら、教える内容を考えていましたが、最近は①原稿(教案や例文)


をつくる⇒②Power Pointをつくるというように一つの授業準備を二段階に分けています。  

 こうすることで、①授業の台本に集中して、②その台本に基づきビジュアルを整えること


になるので、2回教案をチェックできるうえ、作業を細切れにできるので集中力が途切れな


いというメリットがあります。そのおかげで、Power Pointの誤字脱字も減りましたし、授


業準備の時間も2分の1に短縮することができました。

◆例文検索   文法の授業など、決まった文型を教える場合は非常に有効です。まず、ゼロから自分ですべての例文を考えるのは時間がかかるうえ、分析不足で不自然な言い回しになる場合があります。いつもお世話になっているサイト⬇️ 日本語教師NET https://nihongokyoshi-net.com/ 絵でわかる日本語 http://www.edewakaru.com/ ちよさんぽ https://chiyo-sampo.net/

◆授業準備の場所にとらわれない  授業準備の場所と言えば、カフェや自宅でPCとにらめっこして行うことが多いでしょう。わたしの授業準備は通勤途中や散歩中にも行います。(危ないので参考程度に読み飛ばしてください)まずGmailを開き、Googleの音声入力を起動します。それから例文検索でみていた部分や、使えそうな例文をどんどん話します。

https://twitter.com/z13_yuichi/status/1348084463771664388



そうすると、パソコンで手打ちするより早いですし、


場所に縛られずに準備できます。 散歩中の場合はくれぐれも周りに気をつけてくださいね笑

以上をまとめると、 ◆Power Pointと原稿を分けて準備 ◆例文検索を使う ◆授業準備の場所にとらわれない この三つを実践して授業準備の時間が半分にすることができました。

もちろんいい授業をし、学生に満足してもらうことが第一の目的ですが、授業準備の時間が短縮できれば嬉しいですよね。 まだまだ寒い日が続きますので、体調を万全に整えて 授業に臨みましょう! 最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示