検索
  • Yuichi Nishikita

英語学習初心者がグングン話せるようになる方法(メンタル編)

こんにちは!

ゆーいちです。

日本人と外国人を繋ぐ活動をしています。

この記事では

英語学習初心者がグングン話せるようになるきっかけを提供します。

この記事を読めば、

英語で話すためのマインドができます。

しばしお付き合いください。

結論:

日本語で話したい話題を決め、質問と答えを準備しておく



◆英語の知識は大学受験レベルから

2014年から2017年までタイに住んでいました。

その時は日本語教師として大学で働いていましたので、

英語とは無縁の生活でした。

日本語学科の中での会話は全て日本語で、

生活で日常会話レベルのタイ語ができれば事足りました。

2017年に日本に帰国して、

日本語教師なのに、満足に英語が話せないことに危機感を感じました。

それから、英会話サークルやmeetupで主催されているイベントに参加してみたものの、

大学受験レベルの単語は聞き取れましたが、言葉が出てきません。

口から出てきそうで出てこない。

気持ちばかりが空回りして、

ネイティブスピーカーと英語上級者の話は

僕の頭の上を通り過ぎていくのでした。

◆日本語で言語化する

 ある時、思い切って、英語上級者の男性に聞いていました。

「あの、どうやったらそんなに英語が話せるようになるんですか?」

すると、意外な答えが返ってきました。

「英語でどんなことが話したいの?」

そこで、当惑してしまった僕は

「いや、あの、その。。だから、英語が上手になりたいんです。」

と答えるしかなく、答えになっていなかったのです。

そう、英語が上手になりたいにもかかわらず、

どんな内容を話せるようになりたいのか、明確ではありませんでした。

そこで、

・海外生活

・日本語学習

・テニス

当時興味があったこの3本のテーマについては話せるようになろうと、

まず日本語で書き出してみました。

◆質問を考える

 日本語で話したいテーマを考えたら、次に相手にしたいコミュニケーションを考えます。

この辺りから、英語とはいよいよ関係なくなりますが、

全ての外国語を話すときの準備として、共通しているのでお許しください。

 例えば、海外生活としましょう。

質問例;

「今まで外国へ行ったことがある?」

「どこへ行った?」 「どうしてそこへ行こうと思った?」 「そこで経験した特別な経験は?」 「そこでどんな人と出会った?」 「そこの美味しい食べ物は?」 「そこの魅力はどんなこと?」 以上のような質問を準備しておきましょう。 それからそれに対する答えを準備しておきましょう。 Q「今まで外国へ行ったことがある?」

A「うん、あるよ。

タイに3年ぐらい住んでたよ。

その時は大学で日本語教師してた。」

このように質問と答えを準備しておけば、

基本的に自分が話せる話題で会話が進むので、

会話の主導権を握ることができます。

◆結局、背景知識

 結局、会話においては背景知識やその人の人間性が大切です。

いくら流暢にその人が話せても、

魅力的でなければ、会話は続きません。

なので、少しキャッチーな自己紹介を考えたり、

質問と答えを用意しておくことが大切でしょう。

また、いろいろな話題に対応できるように、

人・旅・本から知識を蓄えておく必要もあるでしょう。


◆まとめ

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

もう一度まとめると、

英会話初心者がグングン話せるようになるために、

日本語で話したい話題を決め、質問と答えを準備しておき、

そして、ユーモアを交えた会話をすることをおすすめします。

ユーモアと言っても、

国によって違いますが、

まずは自分が面白い、これは冗談で言っていますよ

というのが伝えわればOKでしょう。

一緒に英会話頑張りましょう♪

Have a good day♪


4回の閲覧0件のコメント