検索
  • Yuichi Nishikita

JLPT後にいつも思うこと


こんばんは。CHAILABLOGを運営しているYuichiです。日本語教師をしたり、京都で国際交流イベントを主催しております。  日本語学習者の皆様、JLPTお疲れ様です。JLPTとはJapanese language proficiency testのことで、日本語学習者は避けては通れない試験と言っても過言ではないでしょう。専門学校や就職先の合格条件になり、日本語学習の指標と言える試験です。

 合格した人も合格できなかった人も本当によくがんばったと思います。この時期にたくさんの感謝の言葉を頂きますが、お礼を言いたいのは言語を教える立場でありながら、学習者である私自身、どれだけ皆様に勇気と力を与えられていることか。

 ふたを開けてみれば思うようにいかない時もありますし、今回のように思ったより結果が出た時もあります。ひとえに皆様の頑張りの結果だと思います。ただ私たちは皆さんに寄り沿っただけに過ぎません。最終的に努力を続けることができたのは皆様のお力です。この時期に毎回思うことをシェアします。



◆毎日コツコツが最強

 試験があるないにかかわらず、毎日少しでもいいので、継続が一番強いですね。タイ語、英語、中国語を勉強してきて思うことは、ほんとに毎日コツコツするだけなんです。試験前に慌てて勉強し始めても、確かに点が取れる時もありますが、本質的では無いですよね。深みがないというか、付け焼き刃というか。 

 逆に習慣化さえしてしまえば、歯を磨くようにできてしまいます。でも、ロケットの発射と同じで最初が1番エネルギーがいるので、習慣化するまでの1ヶ月は地獄だと思います。

そのためにはとにかく小さな一歩を毎日続けていくことが大切ですね。例えば、ジョギングを習慣化したかったら、布団のよこに靴とランニングウェアを置いて、着替えて外に出ればオッケーとか。


 私の場合はタイ語、英語、中国語を同時に並行して勉強していますが、今年は資格を取ろうと頑張っています。毎日少しだけですが、動画を見て知らない単語をメモしたり、中国語のピンインを確認して音読するようにしています。ほんとに微々たる努力ですがやがて大きな実を結ぶと信じて続けています。そして、マルチリンガルになることで、本当に世界と日本の架け橋になりたいと思っています。今日、これを書いている時も、眠いからもういいかなと思う時もあります。

でも、いつも国際交流イベントに来てくれてる人や日本語を勉強する学生の顔を思い出して、あともうちょっと踏ん張ることができます。

◆努力に対する成果がフェア    語学に関して言うとそれほど才能の差が出ないので、ものすごく平等な競技だと思っています。かけた時間の分だけ伸びますし、何よりも世界とつながっていける可能性を感じています。

 おそらくこれからは日本だけの市場では小さすぎるので、世界戦(何を持ってかわかりませんがw)を仕掛けていく必要がありそうです。

最終的にぶつかるところはおそらくその市場の幅の狭さ、つまり日本から抜け出せないと言うことです。それは言語の壁だけではなく世界の方々から受け入れられるサービスを提供するために、顧客のニーズを把握する必要があります。その時に言語を勉強することで得た背景知識や異文化理解力が必ず役に立ってくると思います。



 私は日本語を教えながらも、それと同時に様々な言語や文化の違いを日々学んでいます。私にとって言語を勉強する事は生きがいでありなくてはならないものです。JLPTのあと、いつも考えることですが、ついサボりたくなるときがあります。たまにはこんな備忘録的な記事でもいいでしょう。 ◆イベント情報

京都オンラインインターナショナルパーティーは毎週木曜日日本時間の20:00から行います。次回は1月28日(木)です⭐️

Event | CHAILABLOG 京都で日本人と外国人を繋ぐオンラインイベントを主催しています。

https://www.meetup.com/ja-JP/Kyoto-Multilingual-Group-Across-the-Border/events/krnbcsycccblc/




・ゲームオタクスウェーデン人 ・日本大好きアメリカ人 ・元京都在住香港人 ・山を愛する山ガール ・英語を勉強し始めた大学生 その他優しい参加者がいらっしゃいます。もしよろしければ覗いてみてください。

いつも読んでいただいてありがとうございます! Yuichiでした⭐️

8回の閲覧0件のコメント